2010年06月21日

浅田選手の今季の新曲キター(*´∀`)vvvvv

真央 フリー曲は「愛の夢」に


愛の夢、一体どんな演技を今期は見せてくれるのか。本当に楽しみである。

「鐘」はすさまじい迫力を持つ、魂さえ揺さぶる演技だった。
世界選手権での「鐘」は、圧巻だった。
個人的にプルシェンコ選手のニジンスキーの最高演技にすら、並ぶのではないかと思うほど。
女子選手であれだけのプログラムをほぼ完璧にこなし、さらに指先にいたるまでの表現力を持つ選手は世界に一人もいない。
浅田選手しかいない。
あえて言うなら、今後の安藤選手の奮起に期待である。
浅田選手の影に隠れてしまいがちだが、彼女もまた、新採点ルールで不当に点数を落とされた一人である。
メダルをもらってもいい試合がいくつもあったのに、彼女もまた、点数を抑えられもらえなかった。
浅田選手にいたっては、ロビー活動と新採点ルールでオリンピックの金メダルを盗まれたと、私は思っている。
ソチでは是非、出来うる限り公正なジャッジを望む。それが出来ないならば、フィギュアにかけるアスリートの情熱と真摯な魂は何処で昇華をむかえるというのか。

話は戻って。
あれほどの演技をした浅田選手が、今度は愛の夢という、なんとも情緒とロマンをかきたてる曲名を選んだ。彼女の世界最高峰の技術と、強く透明な精神が織り成す表現力、どんな演技をしてくれるのか。楽しみで仕方ない。
浅田選手はいつも私に勇気と癒しを与えてくれる。

私は彼女を本当に尊敬している。彼女がオリンピックと世界選手権で背負った日の丸のなんと美しかった事か。
私は彼女を援護しないどころか、足を引っ張り続ける日本スケート連盟の中の媚韓国の多くの役員に、絶対壮大なブーメランを味わっていただきたい。
彼女がソチを迎えるまでに、日本選手を応援する、日本の連盟を取り戻したい。
posted by イツキ舞(or リリア) at 02:23| Comment(0) | フィギュア

2010年06月20日

戦い続ける浅田選手

それと、フィギュアのルール会議がある。今のフィギュアも何とかならないか?ルールがひどすぎる。あれはキムヨナを勝たせたいためのルール。最後の方はぐり足でジャンプをとびエッジエラーを見逃してもらったり、回転不足を見逃してもらい、表現力と小手先の演技の区別も出来ない選手が金メダル銀河点など、6・0ルール時代なら金メダルどころか、上位にも入れなかったでしょう。浅田選手ならば、6・0時代でも間違いなくメダルは取れたでしょうね。そこが本物と偽物の違いです。
まあ、自分たちに不利なようにルールを変えささないのもスポーツの駆け引きですが、それは連盟の仕事。連盟があれじゃなぁ・・・今に壮大なブーメランがあるよ、あの連盟も。政権が変わって、日本に真の意味での保守になったら、日本の選手のために行動しなかった人間はどうなるかな?それを楽しみにして、ソチまでに何とか政治を日本と日本人のためになるように頑張るよ。オリンピックや国際試合で選手が自分の力を発揮できない土壌で戦わせないといけないのは、おかしい。政治圧力からから選手を守るのはやっぱし政治。日本は言いなりなのがだめ。おかしい。もっと自国の選手を守るべき。

私は浅田選手が戦ってる姿を見て感動し、浅田選手を異様に下げる日本のマスコミに疑問を持ったのが、今の日本のひどい現状を知るきっかけだったので、浅田選手には特別な思い入れがある。本人はアスリートととしての誇りのため正々堂々と戦ったのであり、政治的な事など考えていなかったのはわかる。アスリートとして真摯に競技を戦った結果、それが報いられず、今のマスコミの闇を浮き彫りにしたのだと思う。だからこれは私の勝手な尊敬と感謝の念なのだが、頑張って欲しい。真の女王が次のオリンピックで正しい結果を得られるように私も微力を尽くすのさー
posted by イツキ舞(or リリア) at 00:41| Comment(0) | フィギュア