2010年12月02日

秋篠宮殿下ご夫妻をやじる声を確認

民主議員 秋篠宮殿下に暴言か というMIXIの記事に対する私の感想



本当に言ってるのかどうか検証してみようと思い、こちらのニコニコ動画を音声部分をそのままPC録音して、音声ソフトで抽出して聞きましたが、野次だと思います。まあ、動画の音をMAXにしてPCの音も大きくして、ヘッドホンつけたらわざわざ音声を取らなくてもなくてもほとんどの部分は十分確認できます。
(音声とっても音分けれないと何をグズグズの何をの部分はかなり聞き取りにくいです。また、拾った音声は引用の範囲をこえるかどうか自分で判断できないのと、ボリュームをアップし、前後の雑音をカットしてるので、元の形を変えており、引用の定義に当てはまらないのでUPはしません、あしからず)


間違いなく 
動画1:06分あたり「座れよ」
動画1:20分あたり「何をグズグズ
動画1:33分あたり「ち」

と聞こえます。

動画の状況下で、中井氏は誰にこの言葉を言ったのか、明白ですよね。



こんな日本に敬意を払わないことをしたのは、民主党の中井議員です。
皇室というのは日本の顔であり、日本の伝統・文化歴史そのものです。これは日本の歴史を少しでも知ってる人ならわかってますし、海外の人もそういう風に見ています。
なので、皇室に暴言を吐くのはいわば日本の顔に暴言を吐くようなものなのです。

12月1日の産経新聞に載ってます。ほかの新聞社は載せてるかどうかは知りませんが。
本人は秋篠宮殿下ご夫妻に言ったものではないと弁明してますが、では何に対しての言葉だったのでしょうか??
これ、自民党なら絶対叩かれていたのだと思うのですが。
さすが民主党と中国に甘いマスゴミです。

日本の皇室は世界で非常に権威があり、尊敬されています。
その事を一番知らないのは日本ではないでしょうか?
自国が神話から数えて2670年も続いているというのはおおいに誇っていい素晴しいことです。

海外に権威があるのは当たり前です。神話に繋がる唯一の国家日本。皇紀2670年の歴史と伝統と文化があります。
これは日本以外の国では考えられない事なのです。特に戦乱の激しかった中国やヨーロッパでは国がころころ変わるのは当たり前だったのですから、同じ国家が千年単位で続くなどありえない、奇跡のような存在なのです。
なので、ヨーロッパなどは特に長く続く国家や伝統・文化に非常に敬意を払います。

また日本以外の国は自国の歴史を教える時に必ず、その国の成り立ちや神話を教えます。日本もかつては教えていたのですが・・・。
今では日教組が日の丸や国歌斉唱さえしない世の中です。これをおかしいと思わないのがおかしいんです。

いまや皇帝の称号(正確には天皇という照合は祭祀の王と、皇帝を合わせた称号なので 皇帝ではないのですが 英語で訳す時にほかに訳す語がないので、)は世界で日本の皇室だけです。
これは軍国主義でもなんでもなく、素晴しい事です。海外の人の方がそれをよく知っています。
日教組は自分たちの思い描く中国的共産主義(全体主義)に邪魔なんで、いかにも悪いものの象徴のように皇室や旧帝国を貶めます。そしてそのように教育をしてきました。しかしネットの普及で隠されていた真実や事実の歴史が明るみに出始めました。これを機に、一度自国の歴史や神話を見直してみるのはいかがでしょうか?

自国の歴史や生い立ちを知らないのは恥です。これは間違いなく、どこの国でも言えます。自分のことを知らないのと同じですから。
グローバル化する時代だからこそ、自分の国というものは一体どういう起源があり、どういう歴史で今があるのかを知る必要があると思うのです。

こちらに皇室のことに触れた日記があるので、よかったら。

天皇の役割とその歴史的な意味合い↓
http://circleren.sblo.jp/article/39050942.html

最も大事な役割↓
http://circleren.sblo.jp/article/41831988.html

自虐史を抜ける↓

http://circleren.sblo.jp/article/39050773.html

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログへ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by イツキ舞(or リリア) at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41934881
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック