2010年11月24日

『新嘗祭』日本人なら知っておきたい

23日は新嘗祭でした。

23日のうちに日記を書きたかったのですが、こういう日に限って風邪で寝込む・・・。
気づいたら日にちが変わってました・・・(´・ω・`)

23日は勤労感謝の日。。。ではなく本来は日本人がもっとも大事な行事、『新嘗祭』です。

以下は 2010年10月27日 とまったく同じ内容ですが、非常に重要な事なのでもう一度書いておきます。
これを機に、自分の住んでいる国の歴史や行事、文化を少しでも関心を持ってもらえたらいいなーーと思うのです(*´∀`)

___________________________

11月。11月3日に文化の日、11月は23日に勤労感謝の日という祝日がありますね。
日本には祝日は多いですが、本来は祭日だったものが戦後そうなってしまい、呼び名を変えられてしまったものもあります。

11月3日は明治節が起源だろうといわれております。明治節は明治天皇のお誕生日です。

そして11月23日は日本人にとって最も大事な祝日・・というか祭日なのです。本来は。
11月23日の勤労感謝の日は、本来日本人にとって最も大事な『新嘗祭』という名前だったのですが、それを今の若い人がどれほど知っているか。ほとんどの学校が教えていないのだから知らなくても仕方ないのですが(私も教わりませんでした)、日本の起源や成り立ちに関わる大切な祝日なので絶対に教えなくてはならないことのはずですよね。
皇室の祭事の中でも一番大事な祭事ですし、何故新嘗祭が行われるのか、天皇陛下がこの日本でどのような役割をになっているのかもきちんと教えるべきだと思います。
豊穣を祈る気持ちと、米を食すことによって命を得ているということに感謝するのもいいと思います。
米は日本の神話において、神様の命と引き変えに得た食物です。私たちが食べ物を食べる時「いただきます」というのは命を戴く事にたいしての感謝の気持ちから言う言葉が起源だということになると思います。
この辺はもっと詳しく上手く解説できるHPや本などもありますので、どうぞご覧くださいませ。グーグルで新嘗祭と検索すればいっぱい参考サイトさまは出てくると思います。

また日本の神話の本で、とてもわかりやすく、物語として読んでも面白いものがあります。
サン・グリーン出版『古事記の物語』という本です。
興味のある方はぜひ、読んでみてくださいませ。
サイトもありますので、良かったら^^↓
http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/

自国の成り立ちを教えないなんて変ですよね。他の国では絶対やってるような事も日本では行われない。もちろん原因はGHQですが、戦後65年もたってるのに何故いまだにGHQの取った政策をそのまま実行しているのか不思議です。まあ反日売国の教育がまかり通っているような国ですから。おかしく捻じ曲がってしまったものを直すのは大変ですが、やるしかありません。
日本人としては、祝日ではなく祭日の復活を望みます。
そして日本の学校がきちんと日本の神話を教える事を切に願います。
それは日本と起源や本質、天皇という存在が何故日本に必要なのかを教える事に直結してるからです。
やっぱり日本人として文化や歴史、民族性は大事にしたいです。

________________________________¥

ここまで日記から転載。

新嘗祭というのは上記で説明したとおり、日本人の主食たるお米をはじめ、五穀を祝う行事です。
その行事を古から行ってきたのが 皇室 であり(新嘗祭は一度途絶えましたがまた復活しました)、新嘗祭を行えるのは天皇陛下だけです。
ちなみに大嘗祭というのは、天皇陛下が即位されてから最初に行う新嘗祭の事です。

農耕(と、農耕を祝う行事)=皇室 というくらい農耕行事と皇室は結びついてるのですが、現代ではほとんどの学校がそれを教えていません。
戦前までは教えられていましたし、古くは民間でも神道の祭祀王という位置づけで敬われていました。
農耕民族たる日本にとって農耕を祝う行事は非常に重要であり、また大事にされるというのは、お米を食べる人間ならば納得のいくところです。
なんと言っても日本の米は2千年以上の歴史があり、現代も品種を改良して美味しく受け継がれているのですから。
日本人として新嘗祭くらいは、その意味と起源を知っておきたいものです。

天皇は決して一神教のような神の信仰対象ではなく、どちらかというとキリスト教の法王のような役割であり、そういう位置づけです。それは今も昔も変わりません。
皇室が国家の権力機構だったのは古代の日本と、平安時代の数人ほどでしょう。
皇室は早くから権力と権威を切り離し、その役割を 国家の安寧と豊穣を祝う祭祀を司どる ことに特化しました。
それは上記のように日本人として農耕を祝う気持ちを大事にするということもありますが、権威と権力を引き離し絶対独裁者を生み出さない事にも大きく貢献したのではないでしょうか?

日本も権力機構は幾代の幕府が変わったように、移り変わりました。しかし権威(王朝は)まったく変わりません。今なお続いています。皇室は世界で最古であり最長の王朝であるゆえんは、上記2点、

・農耕民族たる日本人にとって最も大事な五穀を祝う祭事 神道の祭祀王
・権威と権力を切り離した事により、力で奪える権力機構ではなく、人が自発的に敬う権威となった

という事が大きく起因していると思います。
 
これはじつは民族にとって非常に幸運なことでした。
中国のように王朝が変わるごとに文化が破壊されることもなく、絶対王者と後は奴隷のような関係が構築される事もなかったのです。
またヨーロッパのように戦渦に絶えず巻きもまれる事もなく、300年という悠久の平和な時代など他国では考えられない事でした。
それが日本人の内向的で口下手な性格も培ってしまったのかもしれませんが、その代わり勤勉で、人が見ていなくても粗相や悪さをしない(お天道様が見ている)というような美徳も養われたのだと思います。

これからグローバル化するに当たって、体外的にはおそらくこの特質では乗り切れず、冷静冷淡で非情な選択をしなくてはいけない場面もあるのでしょうが、国内に向けた文化としては、古きよきものを見直せるものは見直してみるのもまた、いいと思います。


補足※
天皇が神としてあがめられた時期は昭和の10年代後半から終戦までの極短い期間であり、悪く言えば天皇の権威が戦争に利用された、という事です。権威を戦争に利用するのは何処の国もやっていて、宗教や権威、教育が戦争に動員されるのは何時の時代も、何処の国家でもあることです。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログへ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ

posted by イツキ舞(or リリア) at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41831988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック