2010年11月05日

ビデオ流出は『人権擁護法案』提出の目くらましの可能性があります

朝からネット、マスゴミ、すべての話題は『尖閣諸島』のビデオ流出です。
ですが44分と中途半端な内容です。
すべての録画記録は2時間はあるといわれていますが、なぜすべてを流さないのでしょうか?
どうせ流すならそうすべきです。私ならそうします。
ひつの可能性として、これは大きな何かを隠すための目くらまし、という事は十分あります。


『人権擁護法案』を早期に通すための目くらましの可能性があります。


政治の記事ですが、ことは憲法21条『表現と言論の自由』にも抵触するので、是非イラストを描く人も読んでくださいませ、お願いします。
こちらは絵描き関係にとっても無縁ではありません。なぜならこの法案は、憲法21条の表現と言論の自由に抵触しますし、女性への差別をなくすという名の元に、アダルトな絵に発動される可能性もあるからです。

大きな情報が出された時、皆はそれに驚きその話題で持ちきりになります。
他のことを忘れてしまうほど。
この44分のビデオは確かにセンセーショナルです。
しかし、これは決定打ではありません。なぜならばビデオは2時間あるはずですし、中国側からぶつかってきたというのは日本国民ならば知っていることです。
このビデオはその事実を裏付けるものであっても、目新しい情報ということではないと思います。
2時間の間に、さらにセンセーショナルな事実があるのかもしれません。たとえば、海上保安庁の人がモリでつつかれるなどの行為などが。
まあ、これはただの憶測ですが、私が言いたいのは、尖閣のビデオ流出は大きな事を隠すための目くらまし可能性が十分あるということです。

実は2010年10月29日に法務委員会へ『人権擁護法案』の早期提出の議論がなされています。こちらに詳しく日記がありますのでご覧ください。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1613054931&owner_id=5000628

この『人権擁護法案』は 非常に恐ろしい法案 です。外国人参政権と並んで亡国の法案です。
『民主党による治安維持法』と置き換えてもかまいません。
こちらはMY日本の方からの転載です。すごく『人権擁護法案』の恐ろしさを簡潔にまとめてくださってます・
________________________________
人権擁護法案っていうのは、

人権委員会のたった5人(常任2人)

がすべてを決めます。
その5人(常任2人)は「これは差別だ!」と認めたものに罰則を課すことができます。

しかも

【【 裁判所の令状なしで! 】】

人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しない ので、事実上人権委員会の5人が「こいつムカつく」「じゃあ罰則で。」「どんな罰与える?」「ムカつくからマジ重い刑でいこうぜwww」「うはwwwおkざまあwwwm9」
という状態が普通になります。


しかも、【【 間違えて罰則を課しても、謝罪しなくてOK! 】】


この時点で、人権委員会の権力は警察を超えました。


そして、なんとココからが重要!
なんと、

【【 マスコミは言論規制の対象外です。 】】


そうです。マスコミと人権委員会はグルです。
ネットを潰したくてたまらない民主党とマスコミが邪魔者を一緒になって排除しようという法案です。
ネットの情報が規制されれば、情報源はTVのみになり視聴率が上がります。
逮捕者が出たら記事にもなるしマスコミメシウマ!


んで、2万人の「人権擁護委員」ていう人たちが人権委員会の次に権力を持つのですが、
選定過程が不透明!
資格要件から、わざわざ国籍条項が除外されていること。また、特定の傾向をもつ団体構成員から選任することとされている点。

さらには、

【【 人権擁護法案の活動記録は公表されないそうなので、この法案を故意に悪用した方法をとっても世間に公表されることはありません!! 】】

公表されないんだから何をしたか分からない!何をしてくるか分からない!
死刑にする?それもいいかも。差別したそっちが悪いんでしょ。って話。
間違って死刑にしちゃった!
カンケーねえよ。間違えても謝罪しなくていいんだから。マスコミがテキトーな理由つけて誤魔化してくれるしOK。友愛も楽にできてサイコー♪じゃん、この法案。


おそらく民主党の事ですから、人権委員会の5人や人権擁護委員の2万人も在日と民主信者で構成してくるでしょう。

みなさんならもうこの法案が何に使われるかって、うすうす気づいてきてるんじゃないですか?

my日本で考えましょう。
朝曰新聞「my日本というサイトが在日韓国人・中国人を差別している」
人権委員会「あー、あのサイトね。いつも我々を非難しているニダ。」
人権擁護委員たち「罰則罰則!」
人権委員会「何やっても俺たちあやまらなくていいしー、公表しなくていいし〜、払えない額の罰金課してやろうぜ!自己破産ヒャッハアア」
朝曰新聞朝刊「my日本というサイトが訴えられました。プギャーーm9^Д^」
民主「ネトウヨざまあw」


極めつけは、

【【 最強の権力を持つ人権委員会を抑止する機関がない!!! 】】

人権委員会の5人が暴走したら誰が止めるの?
この法案が通ったらすぐ暴走を始めるのは分かっているのに、だれにも止めることは許されない。
「人権委員会の俺たちを”差別”する気か。」って言って、ありえない罰則を課してくるのは分かりきったこと。


で、こういう法案が、このままでは近々提出されてしまいます。
知らない人が多すぎるこの法案のこと、広めませんか?

ここにめっちゃ詳しく書いてあります。↓この日記はここを参考にさせてもらいました。
サルでも分かる?人権擁護法案
http://blog.livedoor.jp/monster_00/archives/cat_847822.html

おねがいみんな気づいてええええええええええええ! .
_________________________________
ここまで。
リンク先の サルでも分かる?人権擁護法案 も分かりやすいのでどうぞ。

ネットで政治の発言・在日特権の発言(民主党の多くの議員は民潭・朝鮮総連(どちらも在日の団体です)に支援を受けています。実際に帰化人の議員もいます)、中国関連の発言などをしたら、都合の悪いものは即効で取り締まられる可能性があります。
しかもこの法案はマスゴミは対象外です!
お願いです。この法案を広めてください。本当に、本当に恐ろしい法案なんです。

話は戻って。国民の注意がそれ、このゴタゴタの隙に民主党は『人権擁護法案』を通してくるか可能性があります。この法案は公明党や社民党も賛成しています。通されれば、参議院でも通ってしまう可能性があります!!!

このビデオに踊らされず、マスコミの情報の踊らされず、しばらく国会の討論や質疑をチェックしてください。国会は全部見ているという、そういうメッセージを政府に向けて発信してください!!
党派を超えて、国会議員にも尖閣のビデオも大事だが、この隙に『人権擁護法案』を通して可能性があるので十分留意してもらいたいと、伝えてください。メールでも電話でも、ツイッターのつぶやきでもかまいません!!
この法案は絶対国会に提出させてはなりません。


憲法21条・表現・言論の自由に抵触するので、大手の出版社や新聞社(既存の新聞社ははだめですが・・・産経はまだ望みがあるかも)、アーティスト関係への拡散も無駄ではないかもしれません。


今回の尖閣ビデオの流出事態はじっくりと事態を洞察し、できるだけ情報を集め自分で考えて判断する必要があります!
本当に日本は今、私たちの暮らしや平和はなくなってしまう一歩手前まで来てるんです!気づいてください!ほとんどのマスゴミは人権擁護法案を取り上げません。この法案がどれほど恐ろしいか知ってるものは多くないのです。守れるのは、ネットで情報を知ってる人間だけなんです。
私も関係各所と、地元議員さんへの陳情を今日、いたします。
皆さんもできる事をお願いします。


・追記
せっかく出てきたビデオなので、YOUTUBEなどで国外に向けては大いにアピールすべき。どっちが悪いかは一目瞭然。中国の無法を世界中にアピールできる。りようできるものは利用すべき。
(国内に向けては先に述べたとおり、注意事項として国会を注視して、マスゴミにおどらされないようにすべき)


※すべては私の杞憂であればいいです。しかし尖閣の問題、法務委員会での人権擁護法案の早期提出の論議、次々と日本にとって悪いことが起こっています。すべてを疑ってかかるくらいの危機管理が間違いなく必要です。
とにかく国会中継を注視してください。(ノーカット版で)何を決めるにしてもここですべて議論が行われます。
ちなみに本日は周囲議員参議院共に法務委員会はないので、今日に人権擁護法案が通るという事はありません。
でも、油断は禁物です。



今、私たちは情報戦の中にいるのです。その中で自分で考えて自分が日本で生きていくために戦うか、無関係を通して日本人をやめて、だれかの言いなりになって生きていくか・・・その判断をする時期に来ているのです。


先日の日記の民潭や朝鮮総連の関係はまた後日・・・。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログへ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by イツキ舞(or リリア) at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41603915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック