2010年10月25日

下手な番組より面白いですね国会中継

仙谷官房長官「事実に反した答弁」で陳謝 というMIXIの記事に対する私の感想です。

国会中継は出来るだけ見るようにしています。自分の生活に直結する法案や事象が審議される場ですからね。
最初はそういう堅苦しい考えで(今でも、もちろんその意味合いが一番大きいですが)見てたんですが、正直自民の若手の議員の層の厚さと、ミンスの閣僚のだめっぷりが面白いです。下手なテレビよりずっと面白いです。
話の内容も難しくないです。追及する議員がミンスの議員にもわかるレベルの内容で物事を話してくれてるので、素人にも十分内容が理解できます。そうじゃなかったら私がわからないし。
しかし、ミンスにも人材いるでしょうに。何で閣僚になる人材はド左翼かおバカしかいないんでしょうか?有能だと閣僚になれないの?ミンスは?不思議な内閣。ああ、売国政権だから有能じゃだめなんですね!わかります^^

あと、有能な議員ほどテレビやマスゴミに取り上げられないものですね。国会中継見るようになって、議員の仕事をちゃんとする議員さんってあまり話題にならない人のが多い気がします。マスゴミも有能な議員は党派を超えて取り上げないようにしてるんじゃないの?そんなところだけ超党派はいりません。
パフォーマンスが上手いだけで中身がない議員と、しっかりと勉強している議員は国会答弁ではっきりとその実力が出ます。



平成22年10月25日 参院予算委【まさこ無双、無能内閣をぶった斬る!】です。
森議員のドSっぷりが凄いです。
仙石大臣への質問は個人的にGJだと思います。弁護士の観点からの質疑応答がよかったです。
しかしミンスの閣僚と今回の委員長は何のために国会に出てきてるんでしょう?議員の仕事できないのならやめたらいいと思います。税金が無駄です。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

posted by イツキ舞(or リリア) at 22:58| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。