2010年10月25日

『反日』の公安トップ『岡崎トミ子』

22日の国会審議にて、自民党の稲田議員が公安のトップ岡崎トミ子議員に質問をしました。
岡崎議員は2003年に韓国の『いわゆる従軍慰安婦』といわれる人々の反日デモに参加しています。そのデモは日の丸を汚した行為もあるデモです。日本の議員が参加するのはそもそも、理解できません。
そのデモで、岡崎トミ子氏は日の丸を汚した行為があるとはまったく気づかなかったそうですが、真後ろにある×印の入った自国の国旗を気づかない人間がいるでしょうか?そんな言い訳を信じる人間がいるでしょうか?
こちらのブログに↓そのときの模様が詳しく(写真)入りで掲載されております。
http://www.tamanegiya.com/okazaki.html

こちらは、国会で上記の事を追求された岡崎トミ子氏の非常に苦しい弁明です。どうぞご覧ください。



ちなみに『いわゆる従軍慰安婦』というものは、公的な資料は一切ありません。もともとは朝日新聞が最初に言い出だした事です。今日では捏造という認識で間違いないです。朝日新聞はそのkと尾で読売新聞からも2006年に記事で糾弾されているようです。(そのような記事があったと聞いています。残念ながら自分の目で読売新聞を確認していませんが)
従軍慰安婦を訴える人々は、立証責任があります。裁判で絶えうる第一次資料級の、国が関与したと認める事が出来る資料を提出する義務があります。起こされた方はやっていないと証明する必要はありません。それは悪魔の証明だからです。それが出てこない以上は「国は軍は従軍慰安婦」などやっていない、という認識でいいのです。
岡崎トミ子氏の「かわいそうなおばあさん達の権利を回復する」などというのは、日本の議員としてまったくのたわごとであり、国益と日本の名誉を売る行為であると言わざるを得ません。
まあ、岡崎氏は朝鮮の団体からキックバックをもらう人間ですので、そういうことなのでしょう。


上記を考えれば、従軍慰安婦など存在しません。軍人を相手にする慰安婦は存在しましたが、強制ではありません。募集広告を出して集めた職業です。むしろ、非常に高給の職種でした。兵士達よりよほど稼いでいました。当時の売春は違法でもなんでもなく、今でいう風俗のようなものです。
ちなみに、戦前の朝日新聞で、韓国で婦女子を誘拐する事件があった記述がいくつかあります。
無理やり誘拐され売られた娘は確かにいたと思います。しかしそれに日本軍が関与していた証拠は一切ありません。
こちらは新聞記事の写真入で『日韓併合の真実』水間政徳氏 著の41P〜に記述されています。
ちなみに朝日新聞は戦前は日本賛美の新聞だったのですが、記事でGHQに一時発行を停止され(すぐに解除されましたが)そこから超絶反日新聞社へと変貌していきます。

戦場や国外で強姦などの兵士達に犯させないためにも、兵の気晴らしのためにも軍は慰安婦を利用していました。軍人相手の営業ですから性病など蔓延したら兵が大変な事になるので、衛生面でもとても気を使っていました。
こちらに慰安婦というものをよくまとめて下ったサイトがあります。私はこちらがわかりやすいと思って紹介しましたが、現在では慰安婦の実態を知るサイトや本は他にもいっぱいあると思います。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


posted by イツキ舞(or リリア) at 01:22| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。