2010年09月24日

現政権に国・国民を守る力も意志もない

船長釈放へ「日中関係を考慮」

最悪のシナリオ。
こんな悔しいことはない。
日本は主権を持った独立国家ではないのか?
領土とは、国益とは、主権とは何なのだ?
ぜひ、現政権に問いたい。

けっきょくはこの政権では日本の領土・国民・国益を守れないということなのだろう。
これからもどんどん尖閣諸島に中国が傍若無人に押し寄せる。今だって、沖縄の海はあらされまくっている。
検察と海上保安庁も無念だっただろう。こんなこと、独断で判断できるわけがなく、絶対に現政権の政治的配慮が絡んでいる。

中国にフジタの社員を人質に取られたようなものだとしても、そこは外交で切り抜けるべきだし、それこそ国際メディアを利用してこんな事をされている可哀想な日本、ひどい中国という図式を作り上げるべきだったんだ。

とにかくこれで中国に企業を進出させる恐ろしさがわかったと思う。やつらに友好的な外交などありえない。企業は早急に中国から人を引き上げるべき。
既に中国は世界の工場でなくなっている。今は東南のアジアのほうにシフトされつつあるし、こんなやくざな国に自国の人間を恐ろしくて駐留させられない。
レアアースは多く人が日記に書いてくれているとおり、別に中国でしかとれな訳でもないし、それに変わる技術も近いうちに確立されるかもしれないという事。
この件の主導権は日本にあった。日本は強い日本を見せるべきだった。それが出来ない現政権は、倒れなくてはいけない。私たち国民が許してはいけない。

この国を守るのは私たち国民の意識しかない。国益を売った政治家ではない。

読み直したら誤字が凄かったよ・・・・私も興奮しすぎだな、怒りで。



2010年09月23日の記事

レアアース禁輸は誤報のようです

レアアース禁輸は誤報のようです。
ロイター通信より↓
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-17345220100923

どなたかが日記に書いておられましたが、この件が国際的に注目された場合、最も困るのは実は中国です。
その理由として、

・接触事故は日本の領土の中で起こっているということ。

・中国の漁船からぶつかってきてので業務執行妨害はまったくの正当性を有する事。(私は中国の漁船がわざとぶつけたと思っています。その証拠画像もあるとのことです。またこの漁船の船長は軍人である可能性は考えられます。いわゆる諜報活動というものです)
日本の国内法で裁かれるのが当然という事。

・尖閣諸島は日本の領土と認められており、領土問題すらなっていない場所だという事。

これらを踏まえての今回の日本の対処は今のところまったく正しい。

・自国の領土内での事件を国際法にのっとって対応してるだけなのに、中国にいちゃもんをつけられている。レアアースの禁輸報道まであるではないか?真偽はともかく、日本は国内法にのとって対応してるだけなのに何故こんなにも中国に制裁をくわえられなくてはいけないのか、理解できない、と大々的に国際社会・国際メディアに問題を提言すればよろしい。
むしろ日本はもっと国際メディアに露出して今回の経緯を訴えるべきです。こういうときこそ政治的宣伝をするべきなのです。
理がどちらにあるかなど明白ですし、最近の中国の横暴ぶりや元の通貨の引き上げに応じない態度などは欧米諸国も腹立たしく思ってるはずです。裏からその事で日本は手を回し、国際的に中国を孤立非難させる方向に持っていくべきです。それが外交です。

・また、万が一のために、ODAを投資している中東の諸国に協力を依頼し、石油を抑えておくべきです。
今回は誤報のようですが、レアアースを禁輸にして揺さぶりをかけてくることは想定内のことのはずです。今回のような情報も、日本に揺さぶりをかけるためにニューヨークタイムズなどが流してるのでしょう。アメリカでも中国のシンパはいくらでもいます。

ここはどんな事があっても日本は毅然と対応すべきです。

あと、日本の旅行や製品の需要が・・・などとニュースでいわれていますが、だいじょうぶです。
中国で日本製を買えるような経済力のある人間は、まず購買をやめません。食べ物にしても電気製品にしても、車にしても、何処の国が一番安全で高性能かちゃんと知っています。
イデオロギー支配による国の愛国心は所詮限度があります。自分の欲・利益になることには、愛国心よりも己の翼や利益を優先させます。
げんに彼らは日本製品を買うのをやめないでしょうし、日本に旅行に来て買っていくでしょう。
一度覚えた豊かさや便利さ・美味しさは人間はよほどの理由がなければ、我慢できなくなりますから。


前の日記にも書きましたが、今回の事は選択権・主導権は日本にこそあります。政府はそれを決して忘れないよう、絶対に中国にひざを屈してはなりません。ここは毅然とした態度で臨むことが最終的に国益を生むと確信します。


2010年09月21日の記事

尖閣諸島は間違いなく日本の領土。100年以上も前に日本が清の領土でないことをちゃんと調べて、自国の領土にしているの。
国際的にも領土問題すらない場所です。というか領土問題にしてはいけないんです。それをわかっていないバカが大臣にもいますが。

報復?勘違いもはなはだしい。日本の領土内に無断で入ってきて船をぶつけたんです。逮捕されて当然。もちろん日本の法律で裁くのも当然です。日本の中での出来事なのですから。
報復?言葉が違いますね。この言葉はおかしい。上記理由により逆恨みの間違いです。
やりたければやればいい。国際的に日本は何も間違っていない。むしろここで折れたら、もっともっと大きなものを失います。
ここで毅然とした態度で貫かないと、間違いなくもっともっと海に中国は進出してきますよ。要するにこちらの態度を見てるんです。
またここで認めたら国際社会の嘲笑を買います。領土問題にすらなっていない場所で領土侵犯した船を、国内法で裁く事も出来ないのかと。
ますます外交で侮られますよ。それは中国だけでなく他国からも。
理はなくても脅せばなんでも奪い取れると思われてしまいます。(というか今でも思われているのに)

むしろ、選択権は日本にこそあります。
なんだかんだといって今日本の企業が中国から撤退したら一番困るのは中国です。日本ではありません。
事実大手の企業にも中国ではなく東南アジアに生産拠点を移していってる企業もあります。ユニクロもそうですし、他の企業でもベトナムなどに拠点をうつしていっているものもあります。中国も人件費が上がったということ、東南アジアの人のほうが手先が器用で温厚だという事です。
マスゴミのせいで視野狭窄に陥りがちですが、世界には日本の取引先になる場所はいくらでもあります。アメリカや中国だけではありません。ドル安円高で不景気が・・・という言葉をよく聞きますが、円が強いという事は実は日本の経済が強く信頼されているという証だと思ってください。
中国経済は必ず頭打ちします。バブルは必ずはじけます。中国には日本のような技術はありません。もしバブルがはじけたら、耐えられないでしょう。(むにろ、日本のように不景気が続いてるのに持つ国が世界にどれほどあるでしょうか?これだけでも底力は実は凄いと思います)
ここは一気に角度をかえるべきだとおもいます。アメリカや中国に頼るばかりの貿易を変えるチャンスかもしれません。
日本が誇る産業の一つ、車。車は間違いなく後2・30年は移動の主力です。これが世界で一番技術のある国は?電気製品で一番信頼のある国は?間違いなく日本です。
これから東南アジアやインドは間違いなく伸びます。まだあまり開拓されていない市場が山ほどあると思います。特にインドは人口10億人の民主主義国家です。
石油のエネルギーになる中東に信頼されている元総理がいる国は?日本です。マスゴミが報道しない麻生総理の功績の中にあります。

話が広がりました。すいません。

私がいいたいのは、日本の技術は間違いなくトップであり、ものによっては他国が真似できなレベルにさえあるという事。(オンリーワン)
日本が築いた技術と安全性への信頼はお金では決して買えないこと。
そして選択権は日本にこそあるということです。

中国の理不尽な脅しに屈しては絶対ならないこと。またけして恐れる必要などないということを明記します。日本はそれだけのものを持っています。

日本でだめなのは、政治家くらいです。いい政治家はマスゴミに嫌われて蹴落とされてしまいますので。

ごめんなさい、まだありました。多くの反日マスゴミと日教組と、日本の左翼(日本の左翼はリベラルじゃなくただの反日)です。
・・けっこうあるな。内政さえしっかりすれば、本当にいい国なのに。
posted by イツキ舞(or リリア) at 23:58| Comment(2) | 政治
この記事へのコメント
非常に残念な結果でした
現政府はこれで終わったと楽観視しておますが
これからが、更なる苦難の始まりと気がつかないのでしょうか?
アセアンと協力して中国包囲網を作るぐらいしないと・・・
米国で首脳が揃ってる中、腰が引けてましたものね 対談拒否されたでなく SP掻き分けて対談しようとしたら株が上がったのだが
(中SPにぼこられても その方が都合が良い?)


今、一番恐れているのは情報戦でしょう
ネットは検閲されているし、国際ルールに則った特許・権利の主張は無視する国だし


愛知大の教授のコメント見たが開いた口が塞がらない様な事いえるんだな・・・


大阪でのイベントの際 ありがとうございました
Posted by 天地人 at 2010年09月26日 01:22
>天地人さん

返事が遅くなり申し訳ありません;;
今回の釈放はとても残念な結果でした。ただ、これで日本の国民の中にも目が覚めた人も少なからずいると思います。
今日本が危機的な状況であると気づけば、まだ間にあいます。
日本各地でもデモが整然と行われています。中国経済に頼っていた日本経済も少しは目が覚めたでしょう。
中国の誤算は日本国民が本当に怒ってしまったこと、目を覚ました人がいることでしょう。
そして中国は、自国内でのデモと称する暴動も抑えられないようですね。最初はあおっていたのに、何時のマニア暴動になり海外メディアも取り上げてきたのですから。

また今回の問題で石原知事の発言は注意深いです。東京の例の条例では知事は困ったもんですが、国防やシナに対する意識の高さや発言はこの人ならではだと思います。
尖閣諸島のビデオの内容も色んな噂がありますね。これはノーカットで国民に即刻公開すべきです!
Posted by リリア at 2010年10月25日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。