2010年09月07日

■外国人の投票、民主執行部で今後検討…官房長官

■外国人の投票、民主執行部で今後検討…官房長官

ネットをやってる政治に関心のある人ならばいまさら感がぬぐえない内容です。私の日記を読んでいる人もほとんどがやっと話題になったのか、と思われているでしょう。
大手新聞も産経・読売(こちらは読んでないんで未確認です)がとりあげてるようです。もっと自民党や他の新聞社が取り上げないのは不思議です。(アカヒや変態新聞は論外として)

日本には多くの外国人が住んでいます。特に在日と最近急増している中国人、彼らは民主党のサポーターになることは出来ます。そして、サポーター(党員)は年会費を払って党員と認められれば、その党の党首を選ぶ権利があります。
今回の民主党の総裁選で、実質外国人参政権は行われました。政権与党の党首が日本の総理になるこの国では、民主党の党首を選ぶ選挙は首相を選ぶ選挙と同じことを意味するのです。
確認したわけではないですが行われてるはずです。なんといっても民潭と朝鮮総連の支援を受けている党です。民主党の党員になっている在日がいたと考えるのが普通です。あってはならない例が作られてしまったのです。
何故それがだめなのか、花うさぎさんの「花うさぎの「世界は腹黒い」という方のブログで産経新聞の切抜きがあります。
中央大学法学部 長尾一紘教授という方がかなりわかりやすく解説してくださってるので、読む価値有りです。
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/
産経のネットニュースのほうも掲載します。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100906/stt1009060015000-n1.htm

もっともっと大きなニュースになってもいいのです。憲法違反が堂々とこの国の総理を決める事で行われたのだから。野党はこぞって追求してもいいのですが、驚いた事に自民党・立ち上れ日本・共産党以外は党員資格に国籍条項がないのです。(この3党は日本国籍、ないし日本国民とHPの入党案内に明記してありました。共産党は意外な事に日本国民限定なんですね、超絶日本嫌いのはずなのに)後の党には国籍条項なるものは私は見つけることは出来なかったです。

外国人に参政権を与える事の恐ろしさをぴんと来ない人は、相当危機管理の認識が弱くなっています。
外国人は間違いなく自国の有益を真っ先に考えます。そのように教育されているのですから。日本のような日教組のような反日・自国を貶めるゆがんだ組織は外国の教育機関にはありません。国を尊敬し愛するように伝統と文化と国防を小さい頃から教えられます。宗教はキリスト圏の国ならキリスト教を教えられミサに行きます。イスラム圏ならばイスラム教を信仰します。どれほど政教分離を唱えてる国でも、必ず宗教と政治はどこかで結びついています。中華のような国ならば、中華思想が最良のものと教えられます。それが普通です。
それらの教育を受けた外国人に日本の参政権を与えた場合、日本の富と技術を合法的に奪うために、そのように立法できる議員を国会に送り出すのは当然といえます。
世界は性悪説で成り立っているという認識が必要です。性善説は日本の美徳であり、欠点だと思います。私は基本的に道徳心といった日本の考えは好きですが、国の根本に関わる問題や国益を考えた場合は性悪説を取らざるを得ないと思っています。つまり日本以外の国は日本を狙っていて、弱みを見せたらつけこまれると疑ってかかる必要があるのです。誠意を持って接すればいつかわかってくれる、というのは国際ルールでは通用しないのです。

不景気といっても日本はまだまだ世界的に見れば裕福な国です。日本の技術は将来の日本を必ず支えてくれます。その芽を潰すわけにはいかんのです。日本の中から潰すなどもってのほかです。そんなわけで、私は外国人参政権や重国籍法などは絶対反対ですし、9条を廃止・もしくは変えて自衛隊を軍に昇格させる必要があるといっているんです。政治であれ、国防であれ、守りをしっかりと固めなくては日本の国益と日本人の権利は守れないのです。

本来、政権与党は保守でなくてはいけないのです。リベラルな党は野党でなくては国の安定は図れません。もっとも日本のリベラルはリベラルなどというご大層な名に相応しいものではなく、ただの売国・反日がほとんどですが。自分たちのイデオロギーを主張するために平和や人権を利用しするやからは下種だと思っています。それでも誰かの役にたっているのならばともかく、当事者の干渉を逆なでするような事しか出来ませんからね。後ほど日本のリベラルもどき、の実態を書いときます。

日本の歴史や伝統文化を勉強するのは大変です。本来学校で教えるべきところを、日教組のせいで教えられなかった子供が多いですから。
ですからそれらを熱く語ってもても興味のある人や相当危機感のある人でないとわからないのでは?という指摘はMIXIでも、PIXIVでもされてきました。私自身もそう思うにいたります。
日々の生活が忙しく、なかなかそんな時間を取れない、という方も多いでしょう。
ですが1日20分でもいいので、今の日本の政治を見て考えて欲しいのです。この国はあと10年。20年後にどうなってるのだろうか?と。それは、日本で生きる貴方の未来とも直結するはずです。できれば、もっといい国になって欲しいとおもうはずです。
誰がやっても一緒、どうせ・・・という言葉を何度も聞いてきました。そのたびに自分の心が折れそうになることもしばしばですし、去っていった人もいますし、からかいの言葉をかけられいやな思いもします。
でも、逆に勉強になったといってくれたり、もう少し考えてみるわ、といってくれたりすると、自分のやってる事は、少しはこの国のためになってると思えます。嬉しいです。(私がいう国とためとは国家システムではありません。それは日本の歴史や文化を知った暁には自然と、ああそういうことだね、と判る事なので割愛します。強制されるべきことじゃないと思います)
私が民主党を恐ろしいというのは、日本の根本を変えようとし、日本人が本来培ってきたものを破壊する恐ろしい法案を、国会に提出しようと虎視眈々と狙っているからです。いうまでもありませんが代表的なもので、外国人参政権、重国籍法、人権擁護法案、夫婦別姓などです。(ありすぎて書ききれんのよ。既に可決されているものもあります)
日本人の変質とは、日本でなくなる事です。何故日本は資源のない小国ですが、世界2位の経済力を持ちえるまでになったのか。何故終戦後焼け野原で後数百年は復興できないであろうといわれたのに、僅か数十年で奇跡の復興を出来たのか。
日本人の持つ本質に大きく由来していると思います。とても書ききれないので興味のある方は明治維新後からの歴史を勉強してみてください。
この辺すりすぼみで申し訳ないのですが、あまりに記事もとの出来事と関係ないことを長く書くのもどうかと思いましたので。そうはいっても、色々話が枝分かれした感がありますが、大本は繋がってると思うので、ご勘弁を。
個人の感想日記をここまで読んでくださりありがとう。



おまけは左翼の本質↓



広島の左翼のデモ行進は最悪でした。原爆投下時刻に皆が黙祷してるなかで、平気でシュプレヒコールをする左翼の活動家達。
たかじんのそこまでいって委員会 という関西の番組が取り上げてますので見てください。何も左翼と呼ばれる活動家の偽善ぶりは今に始まった事ではありません、これは一部です。
【ニコニコ動画】たかじんのそこまでやって委員会 8・6広島 原爆忌 4分12秒特別公開版
どんな主義や主張があっても、この日は原爆によってなくなられた方(その後の後遺症で亡くなられた方も)の魂を慰め、黙祷を捧げる日ではないのですか?それが最優先のはずではないのですか?
せめて、原爆が投下された時間、黙祷するくらいの死者に対する哀悼の意を表することが出来ないのでしょうか?主義や主張に関係なく、人としてそう思います。
posted by イツキ舞(or リリア) at 01:28| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。