2010年11月17日

実はこれだけじゃなく大事な国会答弁が・・・



こんな大臣に死刑の署名とかの権限があると思うとぞっとします。なんて恐ろしい国になったんだろうと思います。ちなみに拉致担当大臣でもあります。
もともと法など全然知らない畑違いの大臣なのですが、この人を任命した人物もその責任は免れないでしょう。
私がとやかく言うよりは、動画を見てくださればわかります。
これも大問題です。罵倒のネタに困らないのが怖いくらい民主党は問題だらけなのですが、実は今日、かなり大事な国会の答弁が行われていました。


平成22年11月17日 参院予算委・山谷えり子【朝鮮学校無償化を許さない】




朝鮮高校無償化の件とパブリックコメントの件です。どちらも非常に重要な事です。
何故、拉致を政治的宣伝と位置づける高校に日本国民の血税が使われるのでしょうか?民潭や朝鮮総連の支援を受けている民主党は最初から支援ありきだったとしか思えません。
問題の動画↓

何処の国の議員ですか?
※後ほどこの動画の補足説明をします。

また何故、夫婦別姓や配偶者控除廃止をパブリックコメントに入れるのでしょうか?
男女が差別なく働きやすい条件を作る事は大事ですが、それがなぜ家族の絆を壊す夫婦別姓や、家を守っている主婦の配偶者控除廃止に繋がるのでしょうか?全体主義化、早く言えば社会主義化を推し進める気でいるのが見え隠れしています。
とにかく民主党のひどい答弁と、山谷議員の答弁を見てください。
どちらが日本のためを思っているかは一目瞭然です。

それにしても現政権の閣僚は・・・こんな政治家に選んだ国民にも責任はあります。政治と子供は大人の鑑ですから。
ですが、国民も気づきはじめています。
何故?と思い、自分で調べ気づけば、意識は変わります。
少しづつでも、千里の道でもまずは一歩から進まないとはじまりません。
次の選挙からは国益と日本を守れる人間を選びたいものです。
そのときまで、なんとしても日本を壊させないようにしていくしかないのですが・・。

私たちは今、歴史の大きな岐路に立たされていると思います。
それは明治の開国と、1945年の日本の敗戦と同じくらい重要な岐路だといってもいいすぎではないほどの、日本の大きな分岐点にいるのです。
そしてその分岐点を選ぶのは私たちです。より良い選択をまだ、できるはずです。まだ間にあうと思っています。
私たち日本人が平和で、安全で、人の権利をもち、一定以上の生活が保障される。そして衛生面や教育基準も高く、なによりも家族を、風土を、先祖を大事にするこの国民性を、この国でこれからも受けるためにはどうすればいいのか。
調べて考え行動する事が大事だと思っています。
日本の平均寿命は男性が75歳くらい、女性が85歳くらいだといいます。
おそらく、ほとんどの人が後40〜60年くらいは生きるのではないでしょうか?そして多くの人が結婚し、子供をもつことになると思います。もしくは既にお子様がおられる方もいると思います。
自分自身の未来のためにも、子供の将来のためにも、よりよい日本を残すことが未来に繋がる道だと思っています。
治安が悪く、最悪な衛生、言論と表現が統制された空間、特権階級以外はゴミ同然の命と権利、他人を信用しないで陥れ、金にしか価値の示さない価値観の溢れた国に、住みたいとは多くの日本人は思わないでしょうから。


※動画の補足説明です。
韓国は外国人参政権を認めているといっていますが、それは厳しい所得制限や条件のほか、圧倒的に人数が違いすぎます。何千人単位と何十万単位では影響力がまったく違います。
動画を見てもらえれば判ると思いますが、今でさえここまで日本人の税金を利益誘導している者たちがいるのに、さらに日本人の血税を流し込むでしょう。朝鮮高校無償化もその一端です。在日はいまでさえ通名(日本人風の名前のことです。たとえば、本名が キム・●● というように韓国名で通名は 田中●● というふうに )という特権を持っています。これは免許証などの公的資料にも使え、何度でも変えることが出来ます。そして犯罪を犯してもほとんどはこの通名で報道され本名を知る事は余りありません。通名は何度でも変えられます。
せめて公的資料や犯罪名には本名を使うべきだし、通名も一度つけたら変えられないにすべきです。日本人はめったな事で変えられないのですから。

また、在日に限らず外国人に参政権を与える事は、日本人の権利を外国に売り渡す事です。参政権を得た外国人は母国のためにせっせと国会に日本の権利をむしりとる政治家を送るでしょう。日本の国益も資源も技術も日本人の権利も・・・すべてむしりとられます。

そもそも在日朝鮮人は戦前の密航者や出来稼ぎで日本に来た(自分の意志で)人達の子孫です。当時の新聞でも朝鮮からの大量密航者は問題として取り上げられています。
強制連行は外務省の公式資料で245人だけです。しかも戦後引き上げ船もあったのに自分の意志で残ったのです。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログへ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by イツキ舞(or リリア) at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治